読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

さとう自然農園のブログ

仙台でソーシャルファームを目指している農園のブログです

季節感を感じながら

昔、祖母が畑作業をする時には、 「梅の花が咲き始めたから、葉物野菜を蒔こう」とか 「桜が咲き始めたから、芋を植えよう」 と自然の変化を見ながら作業していたのを思い出します。 その影響があってか、昔から自然を観察しながら生活をしています。 ベテラ…

農家の常識・非常識

先輩農家さんの経験談や新規就農者に対するアドバイスを聴くと、農家のイメージがどう作られているのかの一端を垣間見れることがあります。 今回は私自身が新規就農する際にアドバイスをもらったことで不思議に思ったけど、それが農家の常識となっている考え…

雨のタイミングを見計らって?

昨日、春野菜の種を撒いたあと、ちょうどよく雨が降ってくれたので少し安心しています。 この時期なので、雨が降ると作業できることも少ないので、すかさず話し合いなどをしています。 今日は、近々イベントや旅行を企画運営する会社を立ち上げる方とお話。 …

雨が降る前に

今日夜から雨が降るとのことで、ここぞとばかりに種まきをしました。 人参 二十日大根 春菊 リーフレタス 周りでも午前中はぽかぽか陽気だったからか、畑で作業する人が続々。 周囲を見渡せば、梅の花が咲き、空では雲雀が鳴き始めました。 いよいよ春が来る…

何とかかんとか大きくなっている玉ねぎ

なんとかかんとか玉ねぎが成長してくれています。 昨年秋にちょうど植え頃だった苗の殆どが盗まれ、残った小さな苗のみで定植しました。近隣の農家さんから譲り受けたものもあります。 残った小さな苗は冬が越せるかとても不安でしたが2/3は何とか冬を越し、…

ぽかぽか曜日ではないけれど、、、間引き作業

昨日今日と仲間がほうれん草の間引きを行ってくれました。 晴れて入るものの、ポカポカとはしておらず、強風。 寒さと戦いながら間引きをする仲間でした。 今回は仲間に畝作り→種まき→トンネルかけ→間引きと一連の作業をおまかせしています。 初年度より2年…

ちょっとした悪巧みと想い-保護ネコに向けて

平成26年度のデータでは、犬・ネコ合わせて約10万匹が殺処分されています。 保健所には、様々な理由から飼っていたペットや野良が持ち込まれ、処分されています。 命の尊さを考えさせられる辞退です。 昔、命の尊さを学ぶためにはどうしたらいいか?と聴かれ…

ちょっと一息

一緒に法人を立ち上げる仲間が出来てから、カフェや食事処に出かける機会が増えてきました。 人を紹介してもらうために店で待ち合わせしたり、法人立ち上げに向けて各方面に相談や指導を受けに行く際の途中の腹ごしらえで。 昨日は仙台農業改良普及センター…

固定種とF1種

うちの農園では、固定種(今回は在来種も含んでおきます)もF1種も両方の種を使用しています。 理由は単純。お客さんのニーズに合わせているからです。 先日、とあるセミナーに参加し、F1種=悪というイメージを主張する内容でした。 固定種のみが良いのだと…

微生物が気になって

連休中、セミナーで街中へ行くことが多かったので、久しぶりに本屋さん巡り。 本に関していは、ついつい衝動買い(?)してしまうので、毎月のお小遣いが風で飛ぶかのように消えていきます。 少し前までは、土壌についての最近の論文やら文献やらを読み漁っ…

とあるジャーナリストのセミナーに参加して

昨日は、仙台市内でとなるジャーナリストの方のセミナーに参加してきました。 本来の目的は、ジャーナリストとして微生物を追いかけてきた方が微生物についてどんな話をするのか、を聴くことでした。 実際の中身は、事実を曲げて報道してきた某新聞の新聞記…

川上(生産)から川下(流通)へ

農業を始めたころ、「これからの農業は消費者との直接取引!契約栽培!飲食店への卸!が成功の鍵だ」というアドバイスを各方面から頂きました。 実際にやってみて、直接取引が園主には一番しっくり来ました。 直接お客さんとコミュニケーション取れて、お客…

新規就農で有機農業はやめたほうがよい?

新規就農者を増やす=青年就農給付金という給付金(年間150万、営農開始後5年まで)を出すという国の施策が出てから、5年立ちます。 給付金の受給が終了する方が今年から現れはじめ、給付金無しでもやっていけるところ、農業から撤退する人も出てくるでし…

農薬大国日本?!

御存知の通り、日本は世界的に見ても農薬の使用量が多い国と言われています。 あくまでも統計値で、全ての作物に対する農薬使用量の平均なので、農薬使用量の多い作物もあれば、少ないものもあります。 農薬の使用の是非については、他の方々がたくさん取り…

EMぼかしつくり

今日は、昨日から降り注ぐ雪と滴り落ちる自身の鼻水の中、ご近所で大先輩の「鈴木有機農園」さんでEMぼかし作りのお手伝いをしてきました。 常日頃、何かとお世話になっているので、ちょっとしたお礼の気持ちも込めて。 鈴木さんは数十年前からご自身で肥料…

嫌われる勇気

今日は、仙台の沿岸部で久しぶりにまとまった雨が降っています。 まとまった雨が降るのは、今年2日目。 前に降ってからは約1ヶ月と1週間ぶりです。 この時期は、沿岸のうちの圃場がある辺りは雨が降らないことが多く、乾燥します。 仙台の街中で降っても沿…

園主の顔?

共に農業をやっていく仲間であり、うちに嫁いできたネコ2匹を保護した人曰く、 「だい(猫)と佐藤さん(私)って似ているよねぇw」 とのこと。 園主、まったくもって自覚ありません。 どのあたりが似ているのだろう。 そんなことを思いながら、今うちの地…

障がい者と健常者を繋ぐフリーマガジン

ちょっと前の話になりますが、取引先である六丁目農園のマルシェ担当の方から「これ読んでみて!」と渡されたフリーマガジン。 知的障がいのある方について取り上げられていました。 表紙のように、障がいのある方がモデルをしていたり、障がい者雇用を進め…

会えなくなってから6年、先を見つめ

それまで会っていた大切な人たち。 会えなくなってから6年経ちました。 あっという間な、長かったような。 毎年この日だけは同じ感覚になります。 自分はどう変わっただろう。 今後どう変わるのだろう。 震災から数年は虚無感というか抜け殻になっていた時期…

ようやく出てきた、そら豆

仲間が「そら豆食べたい!」ということで、そら豆をしばらく前に蒔きました。 いつの種だろうと疑問に思ったので聴いてみたら、「去年か一昨年(笑)」ということで、希望を持って撒いてみました。 とりあえず、芽が出てよかった! 普通、豆科の種は保存期間…

甘えん坊

最近、事務仕事が多く、自室にこもっていることが多々ある園主。 作業しながら、部屋ネコたちと戯れています。 以前は大人しかったという、メイ。 我が部屋に来てからは、引っ切り無しに鳴いて、構ってアピールしてきます。 残酷なことに、仕事に集中してい…

症状と付き合う

以前、交通事故の影響で体調不良になったことをブログで打ち明けました。 今では当時に比べ、だいぶよくはなったものの、あることをすると吐き気や頭痛がひどくなります。 それは長時間、同じ姿勢でいること。 特に座って何か作業をしたりしていると、首のあ…

I love 小豆

今季ほぼ最後の小豆がお客様の元へ旅立ちました。 近年、北海道産の小豆以外はあまりスーパーでは目にする機会が減ってきました。 小豆は、 6月ころに種まき ↓ 11月頃、収穫 という栽培期間の間は、何回か除草するだけで手間はあまりかからないのですが、問…

カラカラの畑に潤いを

以前投稿した写真と同じものになってしまいましたが、、、、今日は午前中、あまりにも畑がカラカラだったので、野菜に水やりを行いました。 最初は水を弾くくらい乾燥していてびっくりしました。 仙台沿岸部はあまり雨が降らず、乾燥しやすい地域なので、雨…

晴れの日が続くと、、、、

このところ、天気予報が変わりやすく、うちの地域は晴れ続き。 畑がカラカラです。 今日はおだやかな天気だったので、仲間と朝から堆肥撒きと耕耘作業を行いました。 久しぶりに丸一日動いていたので、いい汗がかけました。 この調子で少しずつ繁忙期に向け…

新たな出会いと園主の妄想

昨日は、イベント会社を立ち上げる予定という方とお会いしてきました。 私達が農業法人を立ち上げるのとほぼ同じタイミングでその方も株式会社を立ち上げるとのこと。 考えておられる理念や展望を聴きながら、何か協働で出来たら面白いことができそうだなあ…

収穫した人参の行く先には、、、?!

先日収穫した人参を今日は仲間と嫁ぎ先へ送り出すために出荷調整を行いました。 その嫁ぎ先の一つが、仙台市宮城野区の沿岸にある「風と手と土」というカフェ。 うちのメインの圃場から歩いて数十秒という近さです。 いつもこちらのご夫婦にはお世話になって…

古川の露地圃場、活動開始、、、から飛躍した話

今日は、宮城県の県北にある大崎の露地圃場をトラクターで耕うんしました。 仙台市に比べると、気温が2〜3℃低く、野菜の植え付け時期などは1〜2週間程度ずれます。 大崎の圃場はやや粘土質で保湿性がよく、仙台の圃場とは全く異なる土壌特性をしています…

今年度の最後の人参収穫

先日、仲間といつも圃場に野菜を買い付けに来てくださる方と3人で人参の収穫を行いました。 もうそろそろ新たな作付け準備をしたかったので、一気に行いました。 生育期間中に様々なトラブルに見舞われ、育っているかどうか不安でしたが、それなりに育って…

法人化に向けて

いよいよ明日から3月。 4月〜5月に農業法人設立を目標に掲げている私達はいよいよ準備に追われています。 そんな中、今日は午前中、地元の大先輩に農地借用のお願いと経営のアドバイスをいただいてきました。 これまで何十年も微生物農法を中心とした栽培…

土壌分析

今日は午前中、簡易的な土壌検査を行いました。 土壌導電率、Ph、水溶性の窒素、リン酸、カリの5項目。 簡易的なので、参考程度なのですが、堆肥や緑肥を入れる上での1つの参考にしています。 普及センターなどでも土壌検査をしてもらえるようなのですが、…

微生物資材

昨日は、久しぶりに風もなく、天気が良かったので、玉ねぎやほうれん草に微生物資材を散布しました(うちの地域は基本的に冬の間、乾燥と強風が強い)。 農家の中にはEMやえひめAI、その他様々な微生物資材を使用しているところがあります。 うちの農園では…

ヤーコンが地味に,,,,

2月に入り、お店やお客さんから「ヤーコンないの?」と聞かれることが増えました。 でも、残念ながら、今日で完売しました。 本当に感謝です。 ヤーコンはエグみがあって、生では食べられない!という方もいますが、それはヤーコンが新鮮すぎるから。 ヤーコ…

自然の中で生きる

窓から外を眺める、大(猫)。 屋根にいる、雀を捕りたくて捕りたくて仕方がないようです。 保護される前には、普通に鳥やねずみを食していたようなので、目の前にいる雀を愛おしく思っていることでしょう。 先日、無為自然ということについて取り上げました…

無為自然に生きるー畑を耕して

私は宗教家でも哲学者でもないのですが、昔から老子という中国思想の哲学者の言葉が好きです。 無為自然。 何事にもとらわれず、執着を持たず、相対を持たず、人為的に無理矢理なことをせず、自然にあるがままに生きる。 学者や宗教家ではないので、きちんと…

自分が先か、他者が先か

ちょうど写真整理をしていたら、一年前の今日、高次脳機能障害のある方々と肥料撒きをしている写真が出てきました。今は施設側の事情で農園には来れていませんが、またこのような作業ができたらいいなと思っています。 何故、1年前の写真をここにアップしよ…

やってみるだけやってみよう

数日前になりますが、ほうれん草と春菊を蒔きました。 うちの農園はハウスが小さいので、露地でトンネルを作りながら栽培します。 ただ被災農地、周りではほうれん草などの葉物野菜が育ちにくいので、「難しいんでないか?」と言われたりもします。 でも、や…

ひたすら彫刻刀で掘る!

当農園では、4月を目処に農業法人の設立を目指して、今色々と準備をしています。 その一つが看板作り。 一緒に起業する仲間が昔広告関係の仕事をしていたので、仲間の監修のもと、作っています。 私は、彫刻刀で板に文字を彫る係。 かつて図工は成績で2を…

今年度、最後の切り干し大根作りに突入

気づけば、2月ももう少しで終わり。 これからだんだん湿度も上がってくるし、今年度は大根が今ひとつで収量が少なかったので、切り干し大根作りももう終りを迎えます。 今年は、周期的に天気が悪くなり、乾燥させるのにも時間がかかりました。 でも、やっぱ…

あったかいわー!

うちに嫁いできた2匹。2匹、兄弟です。 昔は大事に育てられていたようですが、私は意外とワイルドに育てています。 今、2歳に近付いてきて、だんだん顔つきが変わってきました。 黒い方(名前;大)は凛々しい顔に。茶色の方(名前;明)はシャープな顔に…

初めてのトラクター運転!

今年、一緒に法人化をする仲間のトラクター初運転。 これまでオートマ限定の車を運転していたので、クラッチやギアチェンジも初だったようです。 運転を覚えてくれたら、これほど頼もしいものはありません。 これまでは一人でこなしていた仕事を分担でする。…

あなたの畑には○○からのエネルギーが感じられます!

時折、畑仕事をしていると、このように話しかけられます。 自然栽培と知ってか知らずか、ある時は年配の女性が、ある時は4人位の人に突然囲まれて。 でも、残念ながら、私自身はそのような宗教的なところには興味がありません。 自然栽培をしていると、時折…

起業する時、何が先か?という問題

最近、私の周りでは起業する人が増えてきました。 年齢的なものなのか、同じような人たちがたまたま集まった結果なのか。 わかりませんが、いろいろな方とお話をさせていただき、刺激を受けています。 いろんな話を聴いて、ふと気づいたこと。 お金持ちにな…

癖のある野菜

普段食べている野菜の味はどんな味がしますか?私は先日、コンビニでサラダを久しぶりに買いました。 きれいで瑞々しいサラダ。 でも、味がしないことに衝撃でした。 そんな話を友人に話したら、「それは普段お前が食べている野菜が味が濃ゆいのだ」と指摘さ…

地域循環を目指して

当農園では、地産地消を目標とした農業に取り組んでいます。 環境資源的な観点からも、鮮度という観点からも、そのほうがいいと考えています。 出来るだけ地域の方に農産物を見てもらって、味わってもらって、畑を堪能していただくようにしています。 栽培の…

地域でできること、自分たちが出来ること

新規就農して4年目に突入しようとしています。 就農してから、 様々な人と出会い、 仕事をともにする仲間が出来たり、 色々と助言や支援をしてくれる方々がいたり。 騙されたり、盗まれたり、裏切られたりとネガティブなことも。 人様に迷惑かけたりと反省…

食べることと死ぬこと

ちょっと表題が重くなったような気もしますが、今日はこの話題。 昔、リハビリの仕事をしていたときに、とても考えさせられたこと。 私がしていたリハビリの仕事の中には、食べること/飲み込み(嚥下障害)に障害を抱えた方にリハビリをするという仕事もあり…

作る人と食べる人との間にあるもの

先日、yahooの記事で「とある老舗で霜降りを扱うのをやめた」という内容のものを見かけました。 読めば、霜降りは「高級」とされているが、実は美味しいと業者が購入したり食べているのは霜降りではないとのこと。 実際には大半が無味無臭の脂で、3割くらい…

冬の仕事ー男は黙って土運び

農園の冬の仕事の一つには、圃場の土運びがあります。 高くなっているところから低くなっているところへ。 土を薄く採土してはそれを運び、薄く広げる。 これを黙々とこなします。 手作業で。 重機が入るとせっかくふかふかしてきた土がまた踏み固められてし…

価格競争ーその先には?

ある話。 ************************************* その農家さんはもう70代。 跡継ぎはいないが、仲間とともに生産組合を立ち上げ、大規模に米や大豆、露地野菜を作っています。 震災のとき、何もかも失い、農業自体…