読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

さとう自然農園のブログ

仙台でソーシャルファームを目指している農園のブログです

農家は外にいるだけではなく、、、

東北の冬、ハウスのない当農園ではこの時期露地野菜でのみ作業をしているので、作れるもの、作業できることが限られています。土が凍っていたりするので、タイミングを見計らいながら、日中の数時間だけ作業をしています。 今年は圃場整備の工事も冬期期間中…

できることを探す

うちの農園に昨年来ていた方の中に、若くして脳の病気になり、話すことと手先をうまく動かせなくなった青年がいました。 初めてあった時、物静か(自身の言語障害があることでコミュニケーションに消極的)だけど、周りを見ながら、ニコニコしているいい人だ…

生活の変化ー部屋ネコと住み始めて

部屋に猫が来て、1ヶ月半。 お互い生活に慣れて来た頃です。 昔飼っていた猫たちは基本自由にさせていたので、餌をやる以外には特に何もしていませんでした。でも、この子たちは事情があって、私の部屋のみで生息。 なので、これまでとは違った生活ペースを…

冬は切り干し大根作り

2月に入り、立春になりました。 外はまだまだ寒く、仙台でも比較的暖かいと言われている沿岸地域も今年は圃場が凍っていて、露地での作業はごく限られた時間しかできません。 うちには立派なハウスなどは今はないので、冬の間、どうしているかというと、切…

ヤーコンの話

皆さんは、ヤーコンなる根菜類をご存知でしょうか?スーパーでは、あまり見かけませんが、産直に行くとよく見かけます。 うちの農園でも園主がヤーコン好きということもあり、ずっと育てています。 今回は、そんなヤーコンの話。 よくどんな食べ方をするんだ…

小生、話すの苦手なのです、、、

皆さんは、苦手なことありますか? 私は、人と話すのがすこぶる苦手です。 どう伝えたらいいか、話せばいいか考えると頭の中でぐるぐる。 口に出すまでにかなりの時間がかかる。 同時に、性格なのか、相手と話していなくても平気、無言でも気にならないタイ…

塩味のするさつまいも?!

うちの圃場がある仙台市沿岸では、ただいま農地を集約、大規模化する工事が春まで行われ、その間、畑は一部をのぞいて、お休みしています。 今日はその一部の圃場で、石拾いやら瓦礫拾いをしていました。 震災からもう6年経過していますが、畑には拾えど拾…

有機野菜と慣行栽培の野菜って何が違う?ー3つの葉物野菜から

有機野菜と慣行栽培の野菜には違いがあるのか? 有機野菜と慣行の野菜を食べ比べると、有機野菜の方が「味が違う!」とか「濃い!」とか「甘い!」と仰る方がたくさんいます。 では、科学的に(栄養学的に)何か違いはあるのでしょうか? 今日はそんな話題で…

人に言われて「良さ」を感じるー地域の良さとは?

地元に住んでいると、地元の良さって何かあまり気にしないし、わからないものです。仙台の土地からほとんど動かなかった私。住みやすいし、畑もやりたかったので、一人暮らしをしていても週末は畑に戻ってこれる範囲に住んでいました。農業を生業とするよう…

相棒2匹ーまさか自分がこんなことになろうとは

ペットブームの光と闇が取りだたされている昨今。 我が家では震災以前、動物を飼っていました。 犬→番犬、たぬきや狐、ハクビシン対策 猫→ネズミ対策 鶏→卵、食用 牛→家畜 こんな感じで、ペットではなく、生活上のパートナーとして共に過ごしていました。 特…

実はクワイばかりではないのです

これまで度々クワイの話をして来ましたが、実はクワイ以外に栽培試験をしているものがあります。それはホワイトソルガムです。ソルガムとはトウモロコシの仲間で、実を食用にします。国内では、たかキビとして栽培されています。ホワイトソルガムはグルテン…

クワイとソーシャルファーム

クワイの栽培では、稲作ほど機械化が進んでおらず、手作業での作業がメインになります。人手がいるのです。収穫の時には、みんなで田んぼに入り、泥の中を探りながらクワイを採ります。これが結構な重労働。一日やると足腰がガクガクになるくらいです。 私が…

クワイの話

今日も朝は大分冷え込みましたね。朝から外に出て畑仕事をやろうと思いきや、全てが凍っていたので、溶けるまで自宅で作付け計画を作成することにしました。この前はクワイの研究をするきっかけについて書きましたが、今回はそもそもクワイってなんぞやとい…

クワイの研究をするきっかけ

皆さんは、クワイという作物をご存知ですか? 関東以西では、お正月料理、特におせち料理に用いられる縁起物の食べ物です。 私は、大学院で、このクワイを寒冷地で安定多収栽培できないかを研究していました。 事の発端は、大崎の地元で小さい田んぼから耕作…

「休む」技術

皆さんは、休日はどんなことをして過ごしていますか?少し前に、通っている大学院の指導教員の先生と、休むことについて議論をしました。議論といっても、「お互いきちんと休もうね」的な話だったのですが、、、(笑)何故、こんな話になったかというと、 私…

畑作ってけろ?

今日は、今年に入り、初の大崎圃場に入りました。今まで雪が残っていたので、入れず、お休みしていました。年が明けて、初大崎だったので、地域のいつもお世話になっている方々へご挨拶に行きました。すると、早速、農家の大先輩に「ちょっと来てけろ!」と…

なんで自然栽培なん?

時折、お客さんや知人、通りすがりの方々に「なんで自然栽培なん?」と聞かれることがあります。今日はその話。みなさん、自然栽培というとどういうイメージをお持ちでしょうか?ほったらかし農法、肥料も何も与えずに育てる農法、草を抜かずに生かす農法、…

旬の野菜

いつの日だったか、あるお客様から「野菜の旬ってわからなくなってきました」という話を聴いたことがありました。皆さんはそれぞれの野菜の旬がいつかご存知でしょうか?今では周年栽培できる野菜が増え、いつが旬かわからなくなってきましたね。少し前から…

堆肥の話−2

前回は大崎にある圃場で使用している堆肥についてお話ししました。 今回は仙台圃場についての話。私が営農している畑は、東日本大震災で被災した農地で震災当初はがれきの山になっていたり、土がえぐれていたりと「本当に農業できるのか?」という状況でした…

堆肥の話

当農園は基本的には自然栽培と有機栽培の狭間の農法で肥料を使わずに野菜を育てています。土の状態をみながら、堆肥や植物由来の肥料(野菜の残渣クズや緑肥)、あるいは自作の微生物資材を散布します。圃場が仙台市と仙台市から約45キロ離れた大崎市とい…

農法

よく慣行栽培(普通に農薬や化学肥料を使用して栽培する方法)や有機栽培、自然栽培など様々な栽培方法や農法があります。そこでは「安全」というワードを中心に、農法の是非に関する議論が繰り広げられることがよくあります。農薬を使った方が安全。農薬を…

障がいと生きがい

農業を通して、私がしたいこと。それは、障害のあるないに関わらず、若い・高齢に関わらず、一人一人が農業を通して、自分を変えるきっかけや交流できる場を作ること。2016年は試験的にこの試みをイベントで行いました。 仙台市内の高次脳機能という障がいの…

農業で目指すこと

みなさんの小さい時の懐かしい思い出は何ですか?私は幼い頃、母の実家が専業農家だったため、よく田植えや稲刈り、野菜の収穫をしに行ったことを今でも覚えています。農作業は家族でそれぞれ分担しながら行い、合間にはなんだかんだとみんなで話をしたり、…

農業という道

ここ数年、国の政策もあり、新規就農者や農業法人で働く若者が増えたという統計が出ています。残念ながら、新規就農しても数年後には辞めていく人が多いのも現状のようですが、、、。農家でない人が農業を始めるには超えなければならない壁がいくつもありま…

農業への入り口

私は農業をする前はリハビリの仕事をしていました。脳の病気で言葉や飲み込みに障害を抱えてしまった方へのリハビリ。手足が不自由になることもそうですが、人とコミュニケーションを取れなくなったり、食べたいものを食べれなくなることも当人にとってはす…

脳脊髄液減少症とわかるまで

脳脊髄液減少症とは、何らかの原因で頭や頸に衝撃を受けたことで脳脊髄液という液が漏れ、頭痛や吐き気など様々な症状が出る病気です。私は、専門学校時代に2回立て続けに交通事故に逢い、その後体調不良に悩みました。最初の職場で立てなくなるほどの頭痛…

脳脊髄液減少症

みなさんは「脳脊髄液減少症」という病気をご存知でしょうか。交通事故やスポーツ等で頸や頭に衝撃を受けたことで、脳や脊髄の周りを覆っている膜が破れ、脳脊髄液が漏れだすことで、頭痛や吐き気などの症状が出る病気です。突然、何故こんなことを言い出し…

2017年にやりたいことが増えました

2017年も明けて、1週間が経ちました。農作業はほどほどに正月は数年ぶりにちょっとだけのんびり過ごしました。今年は仕事でもプライベートでもやりたいことが増え、妄想が広がります。そのうちの一つが、ブログをもっと頻繁に更新すること。昨年はほとんど…

新規就農者の壁

私は新規就農して今年で3年目になりました。 一人で営農しているため、圃場の管理や収穫以外にも出荷や営業、経理、障がい者の方々の受け入れ準備やプログラムつくりをしています。 新規就農者の共通点は、販路をどのように広げていくか。 全てにバランスよ…

じめじめ暑い梅雨

私の住む仙台沿岸は梅雨の時期になると毎年風が冷たく、とても寒いのですが、今年はむしむしと暑い日が続いています。 暑い影響からか、例年よりも早くオクラやミニトマトがなり始めました。 これから本格的に夏野菜の収穫が始まります。 新規就農3年目。 …

初めまして

仙台の沿岸部でソーシャルファームなる活動を目指している、さとう自然農園です。 東日本大震災の津波で被災した地域で、社会的に不利な立場にいる方々へ農業を通して何かできないかと日々模索をしています。 そんな農園の状況をブログでご紹介できれば、と…