読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

さとう自然農園のブログ

仙台でソーシャルファームを目指している農園のブログです

脳脊髄液減少症

みなさんは「脳脊髄液減少症」という病気をご存知でしょうか。

交通事故やスポーツ等で頸や頭に衝撃を受けたことで、脳や脊髄の周りを覆っている膜が破れ、脳脊髄液が漏れだすことで、頭痛や吐き気などの症状が出る病気です。

突然、何故こんなことを言い出したのか?

実は、この病気が1つのきっかけで農業の世界に飛び込むことになったのです。

今回は、私の恥ずかしい話をします。

世の中には交通事故で同じ境遇の人がいるかもしれないので、わずかでもこの話が参考になればよいと思いつつ、自分が農業をすることになった昔話をしたいと思います。


私は20代前半の時に立て続けに交通事故に遭いました。

1回目は運転中、一時停止を無視した車が側突される。

2回目は1回目の事故の数か月後で後ろから猛スピードで衝突される。

 

病院では、「むちうち」と診断され、3週間ほど首にコルセットをまいていました。

 

事故に遭ったのはリハビリの専門学校を卒業する年。

体調悪いなーと思いつつも、2回目の事故から半年後に学校を卒業、病院で働き始めました。

その時には原因=交通事故とわからず、頭痛や吐き気、首の痛み、めまい、手足の一部に痺れに悩まされました。

 

働いて間もなく、立ち上がるとめまいと吐き気に襲われ、立っていられなくなり、就職して早々に休職しました。

 

当時、病院を受診すると、「就職したばかりで精神的な疲労だよ」とか「対人恐怖症」などと診断され、薬も処方されました。

家族や知人からも「メンタルを強くしろ」とか「打たれ弱いなー」と言われまくりました。

医療関係の仕事ではよくある話のようですが、就職してすぐに精神的不調を起こす人が多く、就職してすぐの体調不良=メンタルが常識だったのです。

 

薬や治療は受けましたが、症状は改善せず、原因不明のまま、数年この症状と闘うことになります。

私自身も当時は「メンタルになってしまった」という自責の念、羞恥心、そして気合で何とかせねばという想いで奮い立っていたのです。

 

続きはまた。