読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

さとう自然農園のブログ

仙台でソーシャルファームを目指している農園のブログです

農業への入り口

私は農業をする前はリハビリの仕事をしていました。
脳の病気で言葉や飲み込みに障害を抱えてしまった方へのリハビリ。

手足が不自由になることもそうですが、人とコミュニケーションを取れなくなったり、食べたいものを食べれなくなることも当人にとってはすごく辛いこと。

リハビリの仕事ではそのような思いをしている方の言語機能や飲み込みの機能が少しでもよくなるようにリハビリをしていました。

でも、病院で治療やリハビリをして良くなって退院しても社会復帰できる方はごく限られた方のみでした。
症状を受け入れることができず引きこもりになってしまったり、会社側が障害を理由に雇用を断ったり等、様々な事情が原因となっていました。

その現状を知った時、自分自身が病気で苦しんだこととリンクしました。

私は交通事故の影響で苦しんでいた時、休日に農業をしていました。
畑に友人が来て一緒に農作業をしたり、家族と作業しながらコミュニケーションを図ったり、また外で作業をすることや野菜を育てること自体が心身にとてもいい影響を与えてくれました。

その経験から「いつか障害を持つ人たちが農業を通して、人と交流する場や働ける場を創りたい」と思うようになったのです。

そう思っていた時、東日本大震災にあいました。
私は仙台市の沿岸に住んでいたため、津波で自宅は全て流出。
1から生活を再建することになりました。

その時、全て1からスタートなら、仕事も自分のやりたかったことを始めたいと強く思うようになり、農業の道に進むことに決めたのです。