読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

妄想農家の気ままなブログ

仙台でソーシャルファームを目指している園主の気ままなブログです

微生物資材

f:id:emotional-identification:20170226080744j:plain

昨日は、久しぶりに風もなく、天気が良かったので、玉ねぎやほうれん草に微生物資材を散布しました(うちの地域は基本的に冬の間、乾燥と強風が強い)。

 

農家の中にはEMやえひめAI、その他様々な微生物資材を使用しているところがあります。

 

うちの農園では、えひめAIをベースに微生物資材を自分で作っています。

 

方法は、ヨーグルトとイースト菌と納豆、それに菌の餌となる糖類などがあれば、OK

 

1500円くらいの経費で1年分くらい資材量になります。

 

これだけでは野菜の生育に十分な効果がある、とは一概に言えませんが、堆肥をほんの少し投入したり、緑肥をすき込んだり、夏場はカバープランツという方法を併用しながら栽培すると、ほどよく健康な野菜が育ちます。

 

また、栄養成分の分析はしたことがありませんが、昔からのお客さんの話によると、微生物資材を使って栽培した野菜は野菜の味が濃くなる、とのこと。

(私自身は自分の野菜しか基本食べないので他との違いがあまりわからず、、、)

いつか時間とお金があったら、栄養成分や食味評価も行ってみたいと思っています。