読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

妄想農家の気ままなブログ

仙台でソーシャルファームを目指している園主の気ままなブログです

農薬大国日本?!

御存知の通り、日本は世界的に見ても農薬の使用量が多い国と言われています。

 

あくまでも統計値で、全ての作物に対する農薬使用量の平均なので、農薬使用量の多い作物もあれば、少ないものもあります。

 

農薬の使用の是非については、他の方々がたくさん取り上げているので、ここでは取り上げません。

 

気になること、疑問に思うことのみ取り上げていきます。

 

それは、どこまでが農薬なのか?という問題。

農薬と言っても化学合成されたものから微生物を使った防除、澱粉を使ったものまで幅広いものがあります。

農薬として適切か、という基準をクリアしないと農薬には指定されません。

なので、ある側面から見れば、農薬と認定されているものを使用するのは安全と言えるでしょう。

かつては、虫が来ないという理由でタバコの灰を溶かした液を畑に入れて、「有機農業」といっていた人がいるくらいですので(タバコの肺は猛毒です)。

 

農薬=危険、というイメージが強いですが、どんな農薬を使用したか?という側面を見るほうが重要なのではないか、というのが園主の見解です。

 

うちの農園では、よほどのことがない限りは無農薬です。

ただし、状況によっては、葉物野菜に澱粉を溶かした液(これも一応農薬の位置づけ。有機JASの範囲)を使用しています。

 

これは、アブラムシなど皮膚で呼吸している虫に澱粉をかけ、その澱粉が固まることで窒息死させるという方法です。

雨が降れば、澱粉はすぐ流れます。

 

生産者がどんな栽培方法をとっているか、を知ることがこれから益々大切になってきますね。