妄想農家の気ままなブログ

仙台でソーシャルファームを目指している園主の気ままなブログです

新規就農で有機農業はやめたほうがよい?

新規就農者を増やす=青年就農給付金という給付金(年間150万、営農開始後5年まで)を出すという国の施策が出てから、5年立ちます。

 

給付金の受給が終了する方が今年から現れはじめ、給付金無しでもやっていけるところ、農業から撤退する人も出てくるでしょう。

 

中には、5年間給付金をもらうだけもらって、とんずらこくという輩さえいます。

こういう輩がいるために、そいつらと同格に扱われ、不快な気持ちになったこともありました。

 

私もこの制度を活用し、かなり助かったのは事実です。

就農1年目:野菜に除草剤かけられて出荷できなくなる

就農2年目:出荷業者に騙されてかなりの額の損失が出る

就農3年目:畑の野菜がごっそり盗難

と、毎年何かかしら頭をかかえる事件が発生したからです。

 

さすがに新規就農してすぐからこのような事件が発生すると心も折れかけ、生活どうするよ?と頭を抱える日々が続きました(でも、勉強にもなった部分はありました)。

 

就農してからいろんな場所へ足を運ぶと「新規就農して有機農業/自然栽培やりたいです!」という方が増えてきました。

 

でも、私自身の経験からは、新規就農して1人で有機農業や自然栽培をやるのは中途半端な気持ちでは辞めたほうがいいと言わせていただきました(地域の事情もあると思いますが)

 

その理由はいくつかありますが今日は2点挙げます。

①一人で業務をこなすには限界がある!

基本的に1人で農業する場合には、圃場の管理〜収穫〜出荷までを行うことになります。無論、それ以外にも経理作業など事務作業もあります。

 

有機農業や自然栽培に限ったことではないのですが、市場出荷を除いた場合(例えば、個人の消費者や飲食店などに出荷する場合)、複数箇所に野菜を出しに行きます。

出荷する場所が増えれば増えるほど、配達時間がどんどん増えていきます。

 

私は、最盛期は収穫の時間とこの配達時間だけでほぼ毎日終わっていました。

圃場の管理が出来ないくらい。なので、畑は荒れていくし、種をまくタイミングを逃したり。

でも、「今日○○持ってきて!」みたいな感じで言われると、出さないといけない。

 

もちろん、業者の方々に圃場に取りに来てもらうよう、あるいは配送でも良いかどうか相談したりもしましたが、ほぼ9割断られました。

 

「それだったら他の新規就農者の人に頼んで持ってきてもらうから〜」という一言で終了。

価格についても「どんな栽培をしてどのくらいの資材かけてこういうふうに作ったから、卸値はこのくらいになります」という感じの説明をしても「他の新規就農者はもっと安いからそっちから買うわ」で終了。

 

私のような素人から始める場合には、早い段階で圃場の管理と売り先への配達等のバランスを取らないと、かなりしんどいです。

 

②周囲からの理解を得るまでに時間がかかる

新規就農して畑を借りることが出来、実際に有機栽培や自然栽培で野菜つくりをはじめたとします。

でも、周りの先輩農家は有機農業や自然栽培なんて方法は知らない人が圧倒的です。

 

バンカープランツでヘアリーベッチなどを植えていたとしても、それは「雑草」と見られます。

私自身、驚いたのは、JAの普及員でさえ、バンカープランツを知らなかったこと。

圃場確認で年に2回ほど来ていましたが、バンカープランツで植えていた植物全般を雑草であると判断していました。

 

昔の人は草一本出さずに圃場を管理することが最善であると思う人が多い。

なので、有機栽培や自然栽培の圃場は「畑を荒らされている」と判断されます。

初年度、私が圃場に除草剤を散布された事件はこれが少なからず影響していました。

 

この問題をどう解決していくか。

こればかりは時間をかけて、周囲の農家さんとコミュニケーションを採っていく他ありません。

見かければ挨拶する、くらいの簡単なものでも最初はいいんです。

そのうち、声をかけられるようになれば、その時に「こういう方法で野菜を作ると、、、」という感じで説明すれば、徐々に「そういうやり方もあるか」と納得してくれる人も出てきます。

 

今回は2点のみ取り上げましたが、「会社の人間関係がストレスで農業に、、、」みたいな中途半端な気持ちで農業に入ってくるのは辞めた方がいい。

 

農業始めてから辛くなるのはご自身なので。