読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

さとう自然農園のブログ

仙台でソーシャルファームを目指している農園のブログです

大規模施設園芸

今日は、ちょっとだけ仕事を休んで、県内の大型施設園芸を覗きに行きました。

 

山元町にあるイチゴの大型施設園芸。

 

数ヘクタールあろうかという面積に何棟ものハウスが建っていました。

 

中はすべてイチゴ。

 

家族連れでいちご狩りに来ている人が沢山いました。

 

時期もあるのでしょうが、いちご自体の味は私には何とも言えませんでした。

水っぽいものが多かったかな。

職業柄か病気や腐れも気になりました。

 

でも、東日本大震災で壊滅的な被害を受けたところで復興に向けて事業展開をしているモデルとして学べる部分がありました。

 

ビジネスは、大規模経営が謳歌する時代と小中規模経営が強い時代があるそうです。

そして、大規模→小中規模経営→大規模経営→小中規模、、、、と歴史は繰り返されていく。

 

経営学者の先生のお言葉です。

 

そこで肝心なのは、大規模であろうが小中規模であろうが、会社が存続し続けられるにはどうすればよいかを考えること。

 

会社は成長し続けることが目的である!と書いてある本もあれば、存続させることが目的であるという本もあります。

 

私は、将来大規模農場の経営者を目指すつもりはないですし、大企業にするつもりもありません。

 

愚直に目の前のお客さんと向き合うのみ。

 

その範囲での適正な事業展開とは何か、を考えていきます。