読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

妄想農家の気ままなブログ

仙台でソーシャルファームを目指している園主の気ままなブログです

自然栽培の野菜と微生物農法で作られた米

私が取り組んでいるクラウドファンディングではご支援いただいた方にリターンとして何かお礼をします。

 

お礼といえば、お野菜。農家ですもの。

 

そんなことからちょっとした野菜と米のお話。

 

1)野菜

栽培期間中、化学農薬とか化学肥料を使わずに栽培した野菜です。

環境が持続するにはどうしたらよいか、安全とは何かを考えた時に私はこの栽培方法を選びました。

 

だからといって、農薬や化学肥料を使う農法を否定しているわけではありません。

農薬や化学肥料を使う農法もそういうニーズがあってのこと。

 

それぞれ目の前にいるお客さんのニーズが違うだけのことです。

 

自分にとって食べることとは何か、生きる上での食べ物とは、を考えると、私の場合は自然のままに育てた野菜を食べるという結論に達しました。

 

また、栽培方法に限らず、野菜本来の味がする野菜を目指そうと。

言っていることがおかしいかもしれませんが、本当にそう思います。

 

旬ではない野菜は味がしないですし、肥料を大量に使用したものも味がなんだかへん。

 

人参臭い人参が食べたい、トマトらしいちょっと青臭いような?トマトが食べたい。

ちょっと苦味のあるレタスがいい、などなど。

 

野菜本来の味をあなたは知っていますか?

 

2)米

近隣に大ベテランの「鈴木有機農園」さんがあります。

仙台市で初めてエコファーマーになった方で、長年微生物農法を研究しながら米作りをされています。

 

震災の前後からテレビにもよく登場し、問い合わせが絶えない農家さんです。

 

鈴木さんは美味しくて健康な米作りを愚直に研究されています。

私のような若輩ものが話を聴くと、とても追いつけない!と思ってしまうほど。

 

米は品種により特徴が違いますが、甘みが強く、噛めば噛むほど旨味が出てきます。

一度食べるとなかなか他の米は食べれません。

 

それほどに味の違いがわかります。

こればかりは言葉だけでは表現できません。

 

そんな選りすぐりの野菜をお礼に送ります。

 

ご支援・ご協力、よろしくお願いします。

被災した宮城県仙台市に笑顔溢れるソーシャルファームを創りたい(佐藤 好宣) - クラウドファンディング Readyfor (レディーフォー)

 

 

 

f:id:emotional-identification:20170425213112j:plain