妄想農家の気ままなブログ

仙台でソーシャルファームを目指している園主の気ままなブログです

【何故、障がい者の就労支援をしているのか?】

以前にも似たようなことを書きましたが、出会った方々に聴かれることが増えてきたので、今一度、自分自身を棚卸し。

 

【何故、私が障害者就労支援をしているのか?】

 
 私は、学生時代に2度立て続けに交通事故に遭い、これまで手先の痺れや頭痛、吐き気、めまい等の体調不良に悩まされました。

 当時は体調不良の原因がわからずでした。学校卒業〜就職のタイミングだったので、病院を受診した時には就職のストレスによる「うつ病」、「自律神経失調症」の診断を受けました。服薬治療もしましたが症状は変わらず。他の病院も受診しましたが、同じく「うつ病」や「対人恐怖症」といった診断を受けました。

 数年、症状と向き合いながら生活していたものの、症状が悪化し、入院。そこで「脳脊髄液減少症ではないか」と言われ、治療しました。この治療で症状が良くはなりましたが、完全ではありませんでした。さらに、別の病院を紹介してもらい、そこで「外傷性頚部症候群」と診断。首そのものに原因があるとわかり、治療しました。事故から5年経つ頃でした。
 
 交通事故に遭ってからの数年間は社会から孤立ぎみにありました。「あいつはメンタルだから」と言われることもよくありました。今は指先が痺れたり、時折頭痛やめまいがすることもありますが大きな支障なく日常生活を送れるようになっています。
 
 私が原因不明の症状で悩まされている時、休日に農業をしていました。畑に友人が来て一緒に農作業をしたり、家族と作業しながらコミュニケーションを図ったり、また外で作業をすることや野菜を育てること自体が心身にとてもいい影響を与えてくれました。
 
 仕事は当時リハビリの仕事をしており、そこで出会った障害のある方やそのご家族の悩みや現実を知っていく中で、自分自身の交通事故や農業で経験したことが頭の中で重なりはじめ、漠然と農業を通して、障がい等で悩みを抱えている人たちの支援をしていきたいと思うようになりました。

 正直、あまり思い出したくはない過去、晒しだしたくはない過去です。ですが、私自身が障がい者の就労支援をしたいと強く思うのは、これがあるからです。

 実際の障がい者就労等の現状はどうなっているのか?次回、私が見てきた現状をお伝えします。

***************************
公開6日目

FBいいね 231!
支援者  17名!
達成率  22%

仙台市沿岸で障がい者の就労支援と地域交流のために挑戦しています。

ご支援・ご協力よろしくお願いします。

https://readyfor.jp/projects/12325