妄想農家の気ままなブログ

仙台でソーシャルファームを目指している園主の気ままなブログです

農家の妄想

農家の妄想は妄想でも、私の妄想ではありません。

あなたは日本の農産物が食べられなくなったら?なんてこと想像しますか?

 

いろんな側面から見ると、時折、日本の農産物を食べる機会が減るのではないかと思うことがあります。

 

その話の一つが年配の農家さんたちの妄想

 

以前にも取り上げましたが、年配の農家さんほど(?)土地の売買や農地=資産、という考えを持つ方が多い傾向にあります。

 

つい先日も農地の圃場整備が終わった地域の方のお話を聴く中で、そんな話題が出ました。

 

「この地域は圃場整備が入って、農地もきれいになった。圃場の高さも道路より数十センチ高くなったし、東側(海側)には嵩上げ道路が出来て、防波堤代わりにもなる。これからここらの土地は宅地になって、お金が入ってくる」

 

その地域の多くの農家さんが口にした言葉。

 

跡継ぎがいない、お金がほしい、農地はいらない、という高齢の方は農地を手放したい。でも、ただでは手放したくないし、出来るならお金がほしい。

 

ある意味では、正常な反応なのかもしれません。

 

この地域だけではなく、別の田舎でも同じような話題が出ます。

 

個人的には、人口減少と高齢化が進む中、都市部に人が集まる傾向は強まると思います。でも、片田舎が急に都市開発が進んで、若者がわんさか来る、という発想は浮かばない。

 

だって、うちの地域だけみても住みにくいもの。

バスは1時間に1本。

最寄りの駅までは車で15分。

道路は朝晩だけは大渋滞(主にトラック等で)。

近くにはコンビニしかなく、買い物は車で15分以上走らせないと行けない。

 

そして、何より、周りは震災の爪痕残る土地。

元住宅後には、色んな工事関連の事務所が立ち並び、資材置き場が乱立。

 

元々、地元に住んでいた人間としては、懐かしさを感じる場所なので、いい場所だと思う。震災を経験した人は、住むにはある種の覚悟が必要。

 

自然豊かな場所で田畑が広がっているので、ふと立ち寄るにはとてもいい場所だと自負しています。空は広いし、海風は心地よいし、仙台中心部から車で30分かからず、田舎気分を味わえる。

 

私はそんな田舎が好き。

カネ目当ての農地売買やそういった妄想は嫌いです。

これは農家だけの問題でもないですし。

田舎ほど集落が消滅、都市部に近いところは都市開発で農地が消滅。

 

では、あなたは食料をどう確保しますか?

添加物まんてんの外国産の食料に頼りますか?

輸入がストップしたら、どうしますか?

 

時折、一次産業をバカにする人もいますが、食を支えているのは間違いなく一次生産者。

 

自分の食、一度見つめ直してみませんか?

 

ちなみに、年配の農家の妄想どおりになるかどうかはわかりませんが、この自然を守りつつ、癒やしの場を、交流の場を広げていきたいと私は妄想しています。