妄想農家の気ままなブログ

仙台でソーシャルファームを目指している園主の気ままなブログです

規模拡大は目指さない

法人化して1ヶ月。

会社を立ち上げるという忙しさと立ち上げてからの忙しさを感じながら、急急と畑仕事に勤しんでいます。

 

たびたび取り上げる内容ですが、法人化すると必ず聴かれるのが「これから規模拡大して利益を出していくんですね!」という類のお話。

 

確かに企業は利益を求めていく体質なのだと思います。

 

でもね、規模拡大だけが利益UPの方法ではないでしょ、とこういう類の話をされるたびに思います。

 

まだまだ農業は体を動かしてなんぼ、という世界なのでしょう。

 

物をたくさん作って売れば利益が出るという考え。

 

でも、今はそういう時代ではないと思います。

 

実力派(?)農業経営者の先輩方が口をそろえて言うのが「頭を使え!」ということ。

 

きちんとどういう人にどう売っていくのか、伝えていくのか、戦略を立てて行動に移すことが大切なのだと。

 

お金をがっぽり稼ぎたい、という欲は私にはありませんが、生活できるレベルの所得を得るためには、ただ野菜を創るだけでは駄目だということをこの数年で痛いほど気付かされました。

 

別に農業だからってことではないと思います。

他の業界でも起業する、ってことは自分自身で稼いでいかないといけないということ。

 

機械化して大規模化している事業体の中には「出口(=売り先)」も考えずにやみくもに作付面積を広げた結果、経営が厳しくなっている事業体が多いようです。

 

国や一部研究者が推奨している大規模化だけが農業の生き残るすべではない。

 

これから新規就農される方とは今後について議論しあい、切磋琢磨していきたいものです。