妄想農家の気ままなブログ

仙台でソーシャルファームを目指している園主の気ままなブログです

支援なのか、足かせなのか

新たに新規就農する方の中には、新規就農の手続きと農業次世代人材投資資金(旧青年等給付金)の活用をされている方が多いと思います。

 

私もその1人でした。

 

農業次世代人材投資資金とは、農水省によれば、

 

次世代を担う農業者となることを志向する者に対し、就農前の研修を後押しする資金(準備型(2年以内))及び就農直後の経営確立を支援する資金(経営開始型(5年以内))を交付します。

 

という内容の元、支給される助成金

 

軌道に乗るまで何とか資金繰りしないといけないし、バイトする余裕もない!という方はこれを活用して農業に打ち込みます。

 

私は新規就農する際に、よく理解しないまま、言われるがままに手続きをしました。
(この時には、新規就農する人はみんなこれをやらないといけないと思っていた)

 

この給付金は、5年間給付金をもらうと給付金受給後も5年間報告義務が生じてきます。しかし、この報告。ただ報告するならいいのですが、そうにもならない様子。

 

給付金申請時の「計画通り」にならないといけないのです。

 

つまり、経営を拡大したり加工など6次産業化に着手したりする時には膨大な資料を準備し、変更手続きをしないといけない。

 

助成金をもらうということは、国民の皆さんの税金からいただいているわけですから、当然といえば当然かもしれません

 

でも、文字通り、「次世代投資」の資金かというと、私はこれがあることで足かせになる可能性もあるんでないかと思います。

 

何故、そう思うかって?

私が今そのような状況だからです。

 

地域の圃場整備と仲間との出会いがきっかけで法人を設立。

圃場整備後すぐでないと畑が借りにくいということもあり、また私がやりたかった事業展開ができるチャンスでもあったことから、急ではありましたが設立を決意。

 

しかし、給付期間中に法人を立ち上げたことで、かなり面倒なことに。

そう、「計画書」とは異なるから給付金の返還の可能性が出てきたのです。

 

このタイミングでこれは正直言葉が出なくなりました。

 

これからさあスタートだ!と意気込んだ矢先の足掛けでした。

 

 

なので、これから農業でバリバリやっていくという方は、次世代人材投資資金を活用するのではなく、公庫等から融資でお金を借りて事業展開していくほうが断然良いです。

 

いつもお世話になりっぱなしの市の新規就農担当の方にこの件で色々と相談に乗ってもらっています。