妄想農家の気ままなブログ

仙台でソーシャルファームを目指している園主の気ままなブログです

農家の営業って?

この時代、農家もただJAに出荷する、というだけでは経営が厳しくなってきました。

 

野菜をつくるだけではなく、売ることも考えなければいけない時代です。

 

新規就農者にとっては、栽培もままならないのに、営業となるとハードルがぐんと上がる気もします。

 

営業というと農家の場合、スーパーや飲食店などへの売り込みを想像するのが多いと思います。

 

私もそうでした。

 

でも、マルシェとか直売などに参加すると、そうではないことに気が付きます。

 

そう、マルシェとかで直接お客さんに売り込むのも営業なんですよね。

 

私自身、初めてマルシェに参加した時はお客さんが来るまでぼーっとしていたり、来ても無言で見守ったりしていました。

何回も参加させてもらって気づきました。

 

これでは売れるはずはありません。

 

積極的な売り込みが出来なくても、商品を見に来てくれた人に笑顔で「こんにちは」というだけでも違う気がします。

 

マルシェに参加して「だめだー、売れねぇ」とか「お前のところはお客さんきてくれるからいいよなー」という人がいますが、お門違い。

 

お客さんとの関係を気づくことも営業なのだと思います。

 

まだまだ学ばねば!