妄想農家の気ままなブログ

仙台でソーシャルファームを目指している園主の気ままなブログです

f:id:emotional-identification:20170730232913j:plain

「ここで芋掘るの初めてだけど、楽しいね」と掘る人

 

何か歌いながら掘る人

 

無心で掘る人

 

周りに気を配りながら掘る人

 

芋掘りでも個性が出ますね。

 

実は、7月に入ってから週1回ですが障がい者就労支援施設から障害のある方々が来て、農作業を手伝っていただいています。

 

昨年まで連携していたNPOさんは職員の人手不足が原因で、施設外就労は難しいとのことで、新たに連携させてもらったNPOさんと。

 

7月は、圃場まで来ること、圃場で作業すること、作業してから事務所まで戻ることの一連に慣れるまで研修?体験?という形で。

 

今年はゆるりと連携し、徐々に本格的に作業に行きます!ということで、今年はゆるりと作業していただいています。

 

障がい者就労をしていく!というと必ず、効率悪いんでない?とつっこむ人がいます。

 

でも、それは解釈次第だと考えています。

 

スタッフがそれぞれの得意分野で分担してスムーズに作業ができるようになる。

 

スタッフの人が畑の作業してくれることでコアな作業管理や営業、マネジメントに費やす時間ができるようになる。

 

それだけでも事業全体が効率良くなると思いませんか?

 

支援員の方とスタッフの方の作業を遠目で見守りながら、これからどんな作業を作り出していこうか試案。

 

わくわくしてきます。

 

少しでも楽しく、今後に結びつくような「何か」をスタッフのみなさんに感じてもらえるよう自然農園MITUの出来ることを考えていきます。