妄想農家の気ままなブログ

仙台でソーシャルファームを目指している園主の気ままなブログです

【拝みたくなる空】

f:id:emotional-identification:20170813202439j:plain

気象庁の予報では、しばらく雨と低温が続く予報の仙台。
 
雨が降り、湿度が高いと、事故で痛めた首が苦しくなり、調子が悪くなります。
 
毎週日曜日は大崎での作業の日。
作業と言っても粘土質の土壌なので、足を踏み入れただけでもずぶずぶとぬかるみにハマります。
 
しかし、注文を頂いた分の野菜は何とか収穫せねば、と今日も大崎へ。
 
高速道路を走っていると、目の前に青い空が、、、!
 
久しぶりに拝むと元気になりますね。
 
心なしか、病んでいた首の痛みも和らいでいくような感じがします。
 
過去に痛めた身体の部分が天気の悪い日に病むのは気圧の変化が影響していると言われています。
 
精神的なものもそう。
うつ病などの方が青空の元で何かしらの作業をしていると、症状が(一時的でも)軽減すると言われています。
(脳内のホルモンバランスが整うので)
 
私(佐藤)の場合は、天気が悪いと、首が苦しくなる(凝りもひどくなる)→頭痛と手足の痺れがひどくなる→眠気とダルさに襲われる→第三者から見ると遠くの世界に飛んでいるように見える、という感じになります。
 
晴れるときと天気の悪いときの差が激しいかもしれません。
でも、相対的に農作業をするようになってからは身体の調子が良くなりました。
 
自分と同じ悩みを抱えている人がいたら、一緒に作業しながら解決(症状軽減への道)を探り合っていきたいと考えています。
 
天候が悪くなってからは障がい者の方との農作業も休止になっていますが、また青空が戻った時、元気に作業ができるよう、今は準備。
 
 
自然農園MITU 園主