妄想農家の気ままなブログ

仙台でソーシャルファームを目指している園主の気ままなブログです

歳を取るに連れ、、、、

現在、里芋、さつまいも等の収穫作業真っ最中です。

今日は大崎に行き、1人里芋を掘ってはバラし(親株から子芋を取る)作業を繰り返していました。

 

まだ20代の頃は休まずどんどん掘り上げることが出来ましたが、

いつからでしょう。

 

粘土質の重い土から里芋を掘り出すのに時間を要するようになりました。

正確には掘り上げる作業自体は早くなったのですが、腰に疲労がぐっと来やすくなりました。

 

今日も途中で腰から足に痺れが訪れ、作業終了。

帰宅後は横になって安静の時間です(1日静養すれば治るくらいの痛みと信じ)。

 

それでも、今年は大きなぎっくり腰をまだやらかしていないだけ、良いかもしれません。

 

30代に入り、毎年おおきなぎっくり腰をやらかし、繁忙期に1週間以上寝込むことがありました。

あげく坐骨神経痛がひどくなり、2週間近く起き上がれず、痛みで寝れないことも。

 

今となっては笑い話(?)に出来ますが、当時はそりゃ大変でした。

 

なんで腰痛になるかなーと自分なりに考えて、まずは筋力をつけよう!と

スポーツジムで身体を鍛えたりもしました。

 

鍛えても鍛えても、作業中に痛める腰。

今でこそ思いますが、農作業は筋肉「量」というよりかは「使い方」が大事なんだなあということがあまりわからなかった。

 

ベテランの農家さんやうちの祖母を見ると、力任せでもなく、無理ない感じでスイスイと作業している。

なんでだろう?と疑問でした。

 

そこで、ベテラン農家の動きを見よう見まねでやっていったら、いつの間にか力を入れずに重いものが比較的持てるようになったり、クワで土を上げ続けても疲れにくくなったり。

 

どう身体を使うかを考えさせられました。

 

がむしゃらに動いていた20代。

健康的とは言えないまでもいくら動いても平気!って勢いで力任せに動いていました。

 

30代になり、少し落ち着いてきた(?)園主。

焦っても仕方がないと割り切るところは割り切り、冷静に着実に作業できるよう心がけるようになりました。

 

年代にあった働き方を考えるきっかけを与えてくれた、腰と足(坐骨神経)の痛み。

 

あなたも現状にあった仕事の仕方、していますか?