自然農園MITU園主の気ままなブログ

仙台でソーシャルファームを目指している園主の気ままなブログです

やっぱり苦手、、、

最近、障害者就労のあり方について考え悩んでいます。

 

かつてとある施設さんから施設外就労を受け入れていた時、

支援員さんの入れ替わり(離職)が激しく、安定した施設外就労を

行えなかったことがありました。

 

それもあり、自身で就労支援施設を開いたほうがいいのではないかというアドバイスを受け、一念発起。

 

でも、やっぱり型にはまるのも苦手な自分がいます。

 

何故、自分がこうなるのか思い起こしながらも考えてみます。

 

1.就農

 

新規就農する際、青年等収納給付金という給付金を受けるための手続きをしました。

当時はそういった手続きを一通り行わないと、「就農者」として認められないと思い込んでいたので、悶々としながらも行いました。

 

実際に借りていた畑の作付け準備や実際の作付け、管理、収穫等をしなければいけないのに、給付金の手続きで丸一日つぶれることもあったので悶々としてしまったのです。

 

給付金を受けていたこと自体は就農当時は本当に助かりました。

震災で何もかも失っていた状態だったので、給付金を活用させてもらいながら、農業に必要な材料や設備を揃えることが出来たので。

 

給付金や補助金は税金から捻出されているものなので、その重さを感じてもいました。

 

でも、手続きに取られる時間と実務の間のバランス、また就農した後の枠にはめられている感じが苦手でした。

 

規模を拡大するのにも行政の認証が必要。

経営方針の転換/戦略の変更をするにも行政への届けと承認が必要。

などなど、何かしらの変更がある毎に計画書を変更、行政の方との面接、報告等の手続きが膨大でした。

 

これらにかけている時間をもっと本質的なものに当てたほうがいいのではないかとさえ思う自分がいました。

 

2.就労支援

今回の就労支援の立ち上げも同じ印象をもっている自分がいます。

実際の障害者就労の現状と行政の方々が求めるイメージ。

前者はよりアクティブなことも多いのですが、後者は枠の中のものは認めるがそれ以外は容認され得ない傾向があるように感じます。

 

現実とイメージのギャップは大きい。

 

【指定】を取るために膨大な時間を費やします。

それに加えて、行政の方々が求める話や事の進め方ができない自分もいます。

 

就労支援を立ち上げるのも新規就農関連の手続きをするのもあくまで一つの手段。

 

大きな目標に向けて、どう動いていくかをPDCAサイクルを回しながら動いていくことの大切さを改めて気づかされました。